麺、ご飯物

麺とは、小麦粉や、そば粉、米粉などの穀類の粉やデンプンなどに、塩と水などをくわえて細長く伸ばした生地のことです。日本人は世界でもトップクラスの、麺好きの国民として知られています。特にラーメンは、発祥である中国を上回る普及っぷりです。

いつでもだれでも手軽に食べられるようにと、インスタントラーメンを開発したのは他ならぬ日本人です。今や、インスタントラーメンは世界各国に輸出、技術提供されています。

日本の麺といえば、小麦粉を使ったうどん、きしめん、ひやむぎ、そうめんがあります。それ以外に、そば粉を使う蕎麦、米粉を使ったビーフンがあります。春雨や糸こんにゃくなどを麺という人もいます。これら麺類は、それ一品でも非常に満足の得られる食事でしょう。

同じようにそれだけでもメニューとして許されるのが、ご飯物です。例えば、丼、炊き込みご飯、和え飯、おにぎり、おこわ、お寿司、雑炊などがそうですね。これらの場合なら、汁物が付けばさらに言うことありません。

他には、チャーハン、オムライス、ドリア、パエリア、ビビンバ、カレーライス、ハヤシライス等、書きだすとキリがないほどにあります。コメは日本人の主食ですから、メニューが書ききれないほどあるのは頷けますね。洋食も中華もそれ以外もドンドンと取り入れてアレンジし、日本人の口にあうようにメニューとして広がってきたのです。